社会福祉法人の会計・経営

 

ならK・S・Dにお任せ下さい

 




社会福祉法人制度の大改革への

対応をご支援します

 


平成29年4月施行、社会福祉法人制度改革

 平成28年3月31日、改正社会福祉法が成立し、同日公布されました。

今回の改正は、社会福祉法人制度の大改革であり、既存の社会福祉法人にも大きな影響があります。

 平成29年4月1日の施行に向けて、既存の社会福祉法人も事前の準備が必要になります。

当コーナーでは、改正法の概要と改正法施行までに、既存の社会福祉法人において必要な準備をご説明します。

 今後の対応等に関し、ご不明の点があれば、当事務所にお尋ねください。


社会福祉法人Q&A

~社福会計のよくある質問と回答をご紹介~


▲クリックして検索!!

当Q&Aの著作権は株式会社TKCに帰属します。

当Q&Aを転載、改編、複製、変更、翻訳、再配布することを禁止します。

 提供:株式会社TKC


TKC社会福祉法人経営指標(SーBAST)


当事務所は「TKC社会福祉法人経営指標(S-BAST)」を利用して、社会福祉法人の健全経営を支援しています。

TKC社会福祉法人経営指標(S-BAST)とは

当指標は、社会福祉法人向けに開発された会計ソフトである「社会福祉法人会計データベース(平成23年基準版)」および「FX4クラウド(社会福祉法人用)」を利用している社会福祉法人の計算書類を分類・編集し、収録した経営指標です。
当指標に収録されたデータは、TKC全国会に加盟する税理士・公認会計士が毎月の巡回監査を通して1年間積み上げた結果(決算書)そのものの集計であるということが一番の特徴であるとともに、日々の取引に基づく現場の数字を何も加工することなく、施設の経営状況を実態に即して適切に反映した指標であるといえます。
これだけの精度と速報性ならびに経年定点観測(時系列観測)、規模を備えた経営指標は、各施設および各関係業界団体から、実態を如実に表した、今までにない「指標」との評価をいただいています。

事業計画のベンチマーキングの指標として活用

月次決算において同業者比較を行うほか、事業計画の策定を支援する際に、当指標をベンチマーキングの指標として活用することで、貴施設の健全経営を支援します。

令和元年版「S-BAST」収録件数

法人数では2,082件、拠点区分数では4,561件、サービス区分数では8,878件(うち児童福祉施設1,268件、老人福祉施設4,151件、障害者施設3,459件)、収録した事業(コード)は27業種(サービス区分)となっています。